イス

日本の住宅の基本は木造軸組み工法

日本の戸建て住宅の基本構造は木造軸組工法を呼ばれています。簡単に言うと、土台に柱を立てて住宅の骨組みを構成させて、柱の間に壁を仕上げて行く工法です。最大の特徴は、日本の気候風土に最も適した工法だと言う事だと思います。つまり、湿潤温暖な日本の気候風土にフィットした建築であると言えます。それは、通気性を住した工法で、微妙に隙間を敢えて作り、風通しの良さを考慮した建築である事だと思っています。 湿潤温暖な日本の気候風土では、夏如何に涼しく過ごす事ができるのか、冬如何に暖かく過ごす事ができるのか、梅雨時などに如何にカビを発生させない構造にするのか、こういった要望に応えた突き詰められた構造が木造軸組工法なんです。それは密閉性の高い空間ではなく、適度に空気が行き来する空間を目指していると言えます。
一方で現代の住宅は、木造軸組工法の思想とは一線を画しています。空気を行き来させる隙間のある空間ではなく、密閉性を高めてエアコンと換気システムで温度湿度をコントロールする工法です。つまり高気密高断熱住宅ですね。これが現代の戸建て住宅の主流となっています。
どちらにも一長一短があります。ですが、日本の気候風土に合った最適な建築として長い間培われて来た日本独自の木造軸組み工法の意義をもっと見つめなおす必要があるのではないでしょうか?日本人の文化性、建築技術の高さ、日本人らしさの結論だと思うからです。

Choices Article

News

2016/09/02
木造住宅と虫の発生率のメリットを更新しました。
2016/09/02
木造住宅で建てる際にこだわるポイントを更新しました。
2016/09/02
日本の住宅の基本は木造軸組み工法を更新しました。
2016/09/02
地震には強い木造住宅を更新しました。
TOP