イス

沖縄の木造住宅のおよそ8割がこの工法

沖縄の木造軸組工法は、木造住宅に用いられる工法の中で最もポピュラーな工法で、沖縄木造住宅のおよそ8割がこの工法で建設されています。よく、地震に対して脆弱なイメージを持つ人がいますが、そういった木造住宅は古い基準(昭和56年以前)で建設されたもので、現在建設されている木造住宅はそういった事はありません。これは、阪神大震災を契機として建築基準法が改訂され耐震化が図られたためで、耐久性は非常に高いものとなっています。
構造的特徴としては、柱と梁が主体となっており、筋交いや火打ちなどで更なる構造的強化が図られています。特に筋交いは、耐震面で大きな役割を持っており、筋交いの数と適切な配置が耐震性能を左右します。
また、構造解析をしっかり行えば長大空間も建設可能で、体育館やホールの様な構造物も建てられます。さらに、空間設計の自由度も比較的高い工法なので、増改築し易い工法でもあります。なにより、木造軸組工法は日本における建築方法として最も古いものであり、木の温もりを感じる空間づくりは日本人にとっては馴染み深いものがあるでしょう。ですから、木造住宅を支える沖縄の木造軸組工法は、日本にはなくてはならない存在であるといえるでしょう。

沖縄で木造住宅が普及している理由

なんだかんだいっても沖縄では木造住宅のほうが多いです。耐久性から言えば絶対的に鉄筋コンクリートのほうがよいわけですが、それでも沖縄は木造のほうが多いです。第一にやはり費用があります。基本的に鉄筋コンクリートのほうが高いですから、木造にする、と言う人は多くいます。それでも昔よりは遥かに安くなっているのが鉄筋コンクリートです。
但し、それでも高いですし、まして、維持費に関しても高額になります。これは固定資産税などの問題があるからです。更に言えば取り壊す時の費用もかなりかかることになります。そこまで考えて住宅を買う必要があるのか、ということはさておくとしても、基本的にその土地を売ろうとする時に住宅を壊す可能性が高いです。その際に鉄筋コンクリート製の住宅の方が撤去費用が遥かに高くなってしまうのです。これは仕方ないことではありますが、それが嫌だ、という人もいます。
耐震性や耐火性から見れば木造建築よりも良いところはありますが、湿気が多い沖縄ですから今でも木造住宅のほうが良いと考える人が多いのも確かです。これは費用の面から考えることもありますし、純粋に嗜好である場合もあります。歴史的に木造住宅の方が沖縄では長い伝統があるのは間違いないです。

沖縄で木造住宅が優れている点

沖縄では自然に安らぎを感じる人が多いので鉄筋住宅よりも木造住宅を好む傾向があります。木造住宅は鉄筋住宅より歴史も長いので生活面でいろいろなメリットになる事もあります。そのため木造住宅に魅力を感じてしまう人が多いようです。
沖縄の木造住宅は材料が木なので加工しやすいというのが特徴です。そのため間取りの設計の自由度が高くなるので自分の生活スタイルに合わせた間取りにする事も可能です。そのため注文住宅で家を建てるという人も木造住宅にする人が多いです。また材料が木で加工しやすいという事からリフォームや増改築がしやすいというのも特徴で将来を見据えた家を建てる事も可能です。
沖縄の木造住宅は鉄筋住宅に比べて耐震性や断熱性が劣ってしまうというイメージがありますが決してそんな事はありません。木造住宅の材料となる木は軽いので地震エネルギーを受けにくいという特徴があるので地震など災害が起きた時でも対応出来ます。そのため耐震性という点でも木造住宅の方が鉄筋住宅に比べて優れています。また鉄筋住宅だと熱が伝わりやすいですが、木造住宅だと熱が伝わりにくくなるので部屋を快適な温度に保つ事が出来ます。そのため断熱性という点でも沖縄では木造住宅の方が鉄筋住宅に比べて優れています。

メリットも多いですし、デザインも素敵なので沖縄で木造住宅を建てるのはかなりおすすめですね。ほかにはないオリジナルのデザインで木造住宅を建てれば満足度もかなりのものでしょう。もしあなたも希望するなら沖縄木造住宅に依頼しましょう。ここなら素晴らしいデザインをもった木造住宅を沖縄に建ててくれますので、生活も充実したものになっていくでしょう。

Choices Article

News

2016/09/02
木造住宅と虫の発生率のメリットを更新しました。
2016/09/02
木造住宅で建てる際にこだわるポイントを更新しました。
2016/09/02
日本の住宅の基本は木造軸組み工法を更新しました。
2016/09/02
地震には強い木造住宅を更新しました。
TOP